食品の保存について学ぶ上で、まず知っておきたいことがあります。 それは「食品が傷む理由」についてです。 要するに、何故、腐るのかと言うことですね。 近年では、ファミリーレストラン、ファーストフード店など、外食店の不祥事が目立ちますよね。(汗) その多くは、食中毒が原因と言うことです。

現代における食の問題と言うものが、ここに潜んでいると言うことですよね。 食品が傷む理由としては、複数あるように思います。 例えば、微生物による汚染が挙げられます。 食中毒の原因は、この微生物です。 言い換えると、つまり細菌と言うことになりますね。 調理の時に手を洗っていなかった、まな板をしっかりと洗浄していなかったなどが挙げられます。

 その理由として食品に菌が移った場合は、その菌が食品を汚染すると言うことです。そうなってしまうと、当然、その食品は傷んだ状態になりますよね。

<その他の理由>  それによって腐る場合が考えられます。 食品が腐る理由については、外部的な要因が多々あると言うことですね。 食品を腐らせる環境と言うのは、以下の通りです。 「温度」 「水分」 「酸素」 『温度』 細菌が増殖しやすい温度から、死滅する温度まであります。 これも、微生物の増殖には必須です。 保存食品は、このように「食品が腐る」可能性を潰した物と考えられます。そういう意味では、保存食品と言うものは「食品が傷む理由を研究した結果、開発された商品」と言えます。

関連ページ